格安SIM徹底比較ナビ!

格安SIM比較のコツを伝授!オススメMVNOの見分け方と料金の違いは?

IIJmio

IIJmioの格安SIMサービスの特徴は?料金・解約・速度・評判に関するまとめ

IIJmioのユニークポイント

株式会社インターネットイニシアティブの取り扱う格安スマホ&格安SIMである「みおふぉん」について、ご紹介します。株式会社インターネットイニシアティブは、どこの企業よりも早く、格安SIMサービスをてがけており、格安SIMサービスが開始されたころから利用していたユーザーの中でも、IIJmioやbmobileという名前を覚えていらっしゃいませんか?2015年の格安SIMアワード顧客満足度調査において、総合部門最優秀賞を受賞しました。その賞を受賞できた勝因は、評価の高いブランドイメージと、顧客サポートが充実しているという点でしょう。前置きはこの辺で、IIJmioの詳細をまとめさせて頂きましたので、お楽しみにどうぞー。

docomo回線網の格安SIM

株式会社インターネットイニシアティブの格安スマホサービス「IIJmio」は国内最大手のdocomoの通信回線網を利用してそのサービスを提供しています。だから通話品質もdocomoと同じクオリティーですし、対応するエリアの範囲は広いので、つながりやすさはピカイチです。対応している機種は、docomoのスマホであるならばその大半がIIJmioでも使用可能です。また、端末はdocomoから買わなくてはならない訳ではなく、IIJmioからSIMフリースマホセットで購入することもできます。IIJmio対応のdocomoのスマホを持っていたらSIMカードの契約だけでいいので、新たに本体代を支払う必要がなく、経済的に優しいですね。IIJmioはdocomoと同じようなサービスを受けながら月々の支払いが安くなるという嬉しいサービスです。

バースト機能│低速時がより快適に。

IIJmioはバースト機能と呼ばれる転送機能が搭載されています。ではバースト転送とはいったいどんな機能なのでしょうか?バースト機能っていうのは低速通信のときに通信の最初の数秒間間だけ高速通信をして、ページが表示されるまでの期間をぐっと短縮できる機能です。そのため、低速通信でつないでいる時も、ウェブサイトの表示が速くなるため、なかなか表示されないというストレスから解放され、スムーズにWEB閲覧が出来るので、話題を集めています。しかし、バースト機能はIIJmio及びIIJmio限定の機能なのです。

データ通信量の繰り越しに対応

どのプランを選ぶかによってデータ通信量は異なりますが、決められた容量を使い切らないうちに、月が替わってしまうことがありますね。しかしIIJmioであれば、このような場合にも、残ったデータ量を次の月に移動して使うことができます。月度内に消化できなかったデータ通信量を翌月に繰り越せるサービスが無いMVNOもあり、繰り越しOKという点は、IIJmioの利点の一つです。格安のサービスであるとはいえ、データ通信量の無駄はもったいないので効率良く使いたいですね。

家族利用なら、SIMカード最大10枚

一つの契約で利用できるSIMの枚数が更に増えてパワーアップしたIIJmioのファミリーシェアなら、なんと最大で10枚までSIMカードを追加することができます。大家族でも二世帯家族でも、スマホにタブレット、みんなまとめてIIJmioに乗り換えてしまえば、いま利用している携帯料金よりも、大幅に料金を圧縮する事ができます。家族全員の携帯代を考慮すると、これまでのスマホ料金と比較してもかなり節約できるでしょう。こんなお得なサービスを使わない手はありません。サポート対応が好評の IIJmioであれば、格安スマホを初めて利用される方でも安心です。ウィルスバスターとiフィルターがパックになっているお得な「みまもりパック」もありますので、お子様用としても優秀なスマホです。

IIJmio評判

高い信頼性を得ているIIJmioの最大の特徴は、サポートが手厚いこととブランドからくる信頼性の2点があります。リサーチ事業などをしている「株式会社イード」の顧客満足度調査格安SIMアワードの発表の結果を見ても、ユーザーの満足度が高いということが理解できます。サポート体制として、電話対応も十分満足いただけるだけのものを備えており、格安SIMや格安スマホに馴染みの無い方でも、安心して格安スマホの利用を始められるMVNOであると言えます。

通信速度が安定感とサポート体制がヘビーユーザーにも良し

IIJmioでよく聞かれる声としては、通信速度がぶれることなく速いことと、フォローがしっかりしていることが評価アップの理由のようです。格安SIMアワードで得られた評価でも、総合分野で最優秀賞を受賞するというのは顧客満足度が最も高いということです。これらの結果からIIJmioは、MVNOの中でも安心して選ぶ事ができる格安スマホだと言えます。他の多くのMVNOの中でも、根強いブランド力と信頼性に定評のあるMVNOです。IIJmioはずっと安定して高評価のレビューが多いので、格安SIMへの変更をご検討中の方には、無難な選択肢の一つと言えます。

IIJmioの回線速度

たくさんあるMVNOのうち、IIJmioは、docomoの4GLTE(225Mbps)回線を使ったら格安スマホサービスです。そのため、通信速度や対象エリアの点でも、十分に安心して利用できます。また、実効速度も高速で安定していて、業界の評判、評価においても、高評価を受けており、高い人気を誇っているのではないでしょうか。通信の速さと価格の安さのどちらも捨てがたいという方には、そんな方に最適なMVNOがIIJmioと言えるでしょう。

IIJmioの72時間制限

IIJmioの場合、直近3日間の通信量によって速度制限が掛かるのは、低速通信時だけです。なお、直近3日間に低速通信ををりようせず、高速通信を利用している場合には、この限りではありません。契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けております。使用した直近の3日の間においての利用通信量で計算されて、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。この速度制限は、その後の直近3日間の通信量が決められた量を下回れば自動的に解除される仕組みになっています。動画を大量に観るなどしなければ、あまりひっかかることはないですね。

みおふぉん料金と初期費用

IIJmioの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。現在使っているスマホの月々の料金と比べると、どれだけ料金が安くできるか、把握してみてはいかがでしょう。それでは、IIJmioの料金プランを見てみましょう。

みおふぉんの月額プラン

IIJmioの料金プランに関しては、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。音声通話ができるSIMとは、070・080・090から始まる電話番号が利用できるものですので、今お使いの携帯電話と同じように使用したい時は、音声通話SIMを選択する必要がありますので、ご注意ください。通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円です。

データSIMの月額費用は、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円です。

IIJmioの2年縛りは?

IIJmioの最低利用期間と解約違約金について、説明していきます。IIJmioのデータSIMについては、必ず利用しなければいけない期間は決められていません。つまり、いつでも解約が出来る上、解約の違約金も発生しません。みおふぉんをご利用の際には、最低でも12か月利用していただかなければなりません。最低利用期間の12ヶ月を待たずに解約したい場合は、9,000円の解約手数料が必要になります。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、こちらの場合は、13ヶ月を過ぎればいつ解約してもペナルティがかからないのがメリットです。

【終了間近】キャンペーン

-IIJmio
-, , , ,